化学療法

化学療法とは?

化学療法とは、がん治療のために行われる抗がん剤を使った薬物療法のことを言います。
健康保険法の改正にともない、癌患者さまの外来での化学療法(抗がん剤治療)施行におきましては、専用の人員と場所を設置するように働きかけが示されました。
当院におきましても、その勧告にもとづき平成18年4月(前身:加登病院)から点滴注射での化学療法をお受けになる外来の患者さまに、「外来化学療法室」を1室設置しまして、薬剤師ならびに専門の看護師を配置し、安全に治療をお受けいただけるように整備いたしました。
化学療法の効果は、その副作用対策や適切な薬剤の使用方法によって向上してきています。
安全性や患者さまのQOL(生活の質)の向上などの観点からも、最近の治療は外来での施行が主流になってきております。

化学療法室のご紹介

 

開設 平成18年4月(愛康会 加登病院より継続)
部屋数 1室(リクライニングシート2台・間仕切りカーテンあり)
専任看護師 1名
設備 配管酸素、配管吸入、ナースコール、トイレ

ご利用にあたって

  • 当院の外来化学療法室につきましては、予約制となっております。 
    ご利用の際には、あらかじめ主治医にご相談いただきますようお願いいたします。
  • 当日の検査データや体調により、化学療法の実施の可否が決定されますので、ご了承ください。

外来化学療法の流れ

受診日
1 患者さま診察
2 医師、看護師から、治療についてご説明
必要な検査などのご予約・ご説明
3 治療開始日のご予約
4 ご帰宅
化学療法当日
1 患者さま診察(治療の可否決定)
2 化学療法開始(治療期間中に、パンフレットお渡し・薬剤師からのご説明あります。)
3 次回治療日のご確認
4 ご帰宅